家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機コラム

階段昇降機にまつわるお役立ち情報を発信していきます。

段差解消から始めるバリアフリーで合理的配慮を
2017/09/19

 近年、障害者の権利に関する法案や提言が注目されてきています。お店や公共施設での障害者への差別的言動や合理的配慮不提供がニュースやSNS等で取り沙汰されることもしばしばです。これは、単に障害者を蔑視する心無い人々が増えたからではなく、障害者の権利に関心を持つ人が増えたことも要因の一つでしょう。多くの人が「障害のある人もない人も心地よく生活できる社会」を望んでいるのです。

 この記事では、お店や公共施設のバリアフリー化に取り組もうとされている方々に役立つ情報をまとめています。

 まずは、障害者の権利に関する諸法案で述べられているポイントについてです。キーワードは「差別的取り扱いの禁止」と「合理的配慮不提供の禁止」です。「障害者の権利に関する条約(平成18年12月国連採択、平成20年5月発効)」と「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成28年4月施行)」のどちらにおいても柱となる考え方となっています。

 障害があることを理由に施設やサービス利用拒否をしたり窓口対応の順番を劣後したりすることは障害者への「差別的取り扱い」です。体制面、財政面において過度の負担でない社会的障壁(車いすの人が越えられない段差など)の除去(体制面:段差を越える介助をする。財政面:段差をなくす。など)を怠ることは「合理的配慮不提供」です。「合理的配慮不提供の禁止」は、現状、行政機関には「法的義務」、民間事業所には「努力義務」が課されています。「差別的取り扱いの禁止」については公私関係なく誰もが「法的義務」を守らなければなりません。

 既存のお店や公共施設では、従業員・職員一人一人への教育はもちろん、施設のバリアフリー化を推進していくことも求められています。とはいえ、施設の全面改修や建替えには莫大な費用と時間が掛かるため、なかなか一歩を踏み出せずに頭を抱えるご担当者様も多いのではないでしょうか。

 そこで、おすすめしたいのが段差解消から始める施設のバリアフリー化です。エレベーターのない施設には階段昇降機の設置で上下階の移動を楽にすることができます。スロープの設置できない段差には段差解消機を設置することで車いすごと移動することが可能になります。どちらも、既存施設の全面改修や建替えと比べると短期間・低コストの工事で設置することが可能です。まさに、「体制面、財政面において過度の負担でない社会的障壁の除去」=「合理的配慮の提供」が実現できるのです。

 東京都足立区に本社があり、日本各地に代理店を構える株式会社マイクロエレベーターでは、いす式階段昇降機、車いす用階段昇降機(車いすごと昇降可能)、据置型段差解消機(ピット工事不要、乗り込み時にスロープ必要)、埋め込み型段差解消機(ピット工事必要、乗り込み口がフラット)の各種の取り扱いがあります。お店や公共施設への導入実績も多くございますので、既存の施設のバリアフリー化をご検討中の方はぜひご相談くださいませ。(丸地)

いす式階段昇降機のレンタルについて
2017/09/11

いす式階段昇降機は、介護保険対象外の福祉用具となります。そのため、自費負担が少ない介護保険を利用し、いす式階段昇降機をレンタルすることはできません。

ご利用者様のご負担を減らすために、独自に金額や条件を定め、階段昇降機のレンタルを行っている業者もあります。

階段昇降機のレンタルにかかる費用は、月額使用料だけではなく、初期費用が発生します。初期費用とは、「取付工事・撤去工事」を含んだ費用のことを言います。

階段昇降機は、階段にレールを固定する必要があるため、この初期費用と言われる取付工事が必要です。

価格帯は業者により様々ですが、初期費用として¥150,000~200,000、月額使用料金として、¥10,000~20,000かかることが一般的です。

階段昇降機の費用を抑えるために、レンタルをご検討の方も多いと思います。しかし、上記に記載したように、初期費用というものがあるため、一度にお支払いする金額は、レンタルであった場合でも高額なものとなります。

また、レンタルには、ご契約期間が設けられているため、一定期間内のご解約はできません。(違約金が発生する場合があります)

短期間のみご利用したいという方もいらっしゃると思いますが、レンタル依頼業者がどれくらいのご契約期間を設けているかにもご注意してご検討ください。

レンタルのメリットは、「一定期間内の利用が可能、一度にかかる費用が購入するよりも抑えられる」、いう点です。

しかし、レンタルは、約2年~3年のご利用で購入した場合と同じ金額となってしまいます。ですので、2年から3年ご利用されることが濃厚なお客様は、ご購入することをおすすめします。

また、階段昇降機のレンタル可能機種は、直線階段専用機種のみとなっています。

なぜかというと、曲線階段に取り付ける階段昇降機は、オーダー製作となるからです。

 

このように、階段昇降機のレンタルには、様々な条件があります。

期間や条件など、レンタル対応会社にお問合せしていただければと思います。

マイクロエレベーターでは、レンタルは行っておりません。階段昇降機のご購入にどれくらい費用はかかるかという点については、ご対応が可能です。

現場調査やご相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。(鈴木)

 

いす式階段昇降機での介護
2017/09/08

近頃、高齢者の方が高齢者の方を介護する、老老介護という言葉を耳にすることが増えてきたかと思います。平均年齢が年々延びている点と核家族の増加の点が老老介護を引き起こす要因となっており、ご高齢のご夫婦がお互いに介護をしなければならない状況が増えてきています。

 住居が2階になっている場合、階段の昇り降りは日常的に必要になり、介護が必要になります。介護が必要なご本人様に併せ、足腰が悪くなっているご高齢の介助者様の付き添いは非常に危険を伴います。いす式階段昇降機は、ご利用者様に昇降機のいす部分に座っていただき、手元のボタンでご本人様でも操作が出来ます。手が麻痺等で不自由な場合は、介助者様が手元のボタンで操作いただくか、オプションでペンダントスイッチを付けていただき、ペンダントスイッチで操作するようになります。そのため、階段を上昇・下降する際には力が必要にはならず、安全に簡単に階段の昇り降りが出来ます。

 高齢者の方の介護だけではなくご家族の方の介護や、介護士の方の介護でも同様のことが言えます。介助者の方の身体的な負担が減少し、それに伴う精神的な負担も減少するのではないかと思います。いす式階段昇降機はご利用になられる方のためではなく、介助される方の手助けとなる製品とも言えます。介護される方も介護する方も、安全性だけではなく身体的・精神的な負担を軽減するためにもいす式階段昇降機を検討されてみてはいかがでしょうか。(古茂田)

いす式階段昇降機が対象とならない助成金
2017/09/04

近年、国や地方自治体がバリアフリーやロボット介護に関わる助成金などを新たに設ける動きがあります。

いす式階段昇降機が対象となるか気になる方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、現段階(2017年8月現在)でいす式階段昇降機を設置希望の方が対象とならない助成金制度についてご案内いたします。

 

 

【国土交通省 補助事業 バリアフリー住宅・省エネリフォーム】

■対象住宅:戸建住宅…55㎡以上

      共同住宅等…40㎡以上

      戸建て住宅・共同住宅等共通…1階の床面積40㎡以上(階段部分除く面積)

■対象事業:①劣化対策

      ②耐震性(新耐震基準適合)の基準を満たす工事

      ③維持管理・更新を容易にする工事および設備改修

      ④省エネ性能を向上させる工事および設備改修

      ⑤可変性(共同住宅のみ)

      ⑥バリアフリー対策(共同住宅のみ)

■補助額:上記に要する費用の1/3

■補助限度額:100万円/戸 等

※いす式階段昇降機・段差解消機の設置費用は対象外

 

 

【厚生労働省 特別事業 介護従事者の負担軽減に資する介護ロボット導入促進事業】

■目的用件:①移乗介護

      ②移動支援

      ③排泄支援

      ④見守り

      ⑤入浴支援

■技術的要件:

①ロボット技術(センサー等により外界や自己の状況を認識し、これによって得られた情報を解析し、その結果に応じた動作を行う)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット

②経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」において採択された介護ロボット

■市場的要件:販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること

※いす式階段昇降機(ロボット技術を用いていないもの)の設置は対象外

※同上の理由で、【介護ロボット普及促進事業(埼玉県)】、【介護ロボット導入支援事業補助金(千葉県)】、【介護ロボット導入支援事業(神奈川県)】、【ロボット介護機器普及支援事業(茨城県)】もいす式階段昇降機(ロボット技術を用いていないもの)の設置は対象外

 

 

上記助成金の他に各市区町村等で設けている助成金につきましては、適宜お調べいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

(丸地)

肢体不自由児・者向けの段差解消
2017/08/25

「肢体不自由者」は法規上の障害者の分類のひとつで、四“肢”の麻痺・欠損や“体”幹の機能障害により、日常の動作や姿勢の維持に“不自由”のある方を指します。先天的・後天的を問わない総称で、要因の8割が脳性まひや脳梗塞等の脳疾患とされています。また、身体障害者手帳が交付される方の約半数が「肢体不自由者」といわれています。

学齢期においては学校教育法等の諸法規により適切な教育・支援を受けられるようになってきてはいますが、社会全体で捉えると、肢体不自由者に対する認知度や支援体制はまだまだ完全ではありません。

特に、肢体不自由者向けのバリアフリーという観点では、設備等のハード面の整備が追い付いていないのが現状です。

まず、肢体不自由児・者が生活する住居についてです。車いすを使用する場合、玄関の段差は障壁の一つとなります。また、自力歩行ができても階段の昇り降りが困難な場合、エレベーターのない個人宅での上下階移動も障壁の一つです。幼少期であれば家族が車いすを持ち上げたり身体を抱えたりして越えられた段差も、心身の成長や障害の程度の変化とともに介助が困難になってきてしまいます。とはいえ、住居の住み替え・建替え・全面改修は大きな負担を伴います。

公共交通機関や国や地方自治体が管理する公共施設についてはバリアフリー化が進められてきています。一方、民間の商店や企業などは建物のバリアフリー化が義務付けられているわけではないので実施率が低いです。一般的に、障害のある方が家族やヘルパー以外に介助を頼むという際には心理的な負担が伴います。行きたい場所がバリアフリー化されておらず出掛けたい時に介助者の都合がつかない場合には、外出を諦めてしまうケースもあるようです。

肢体不自由児・者向けの段差解消を検討するにあたって、事前に確認する内容は以下の通りです。一つ目は、解消したい段差が階を跨ぐか跨がないかです。エレベーターのない建物で段差が階を跨ぐ場合は階段昇降機の設置、段差が階を跨がない場合はスロープ又は段差解消機、階段昇降機のいずれかの設置が考えられます。二つ目は、設置したい箇所の寸法です。階段昇降機の場合は階段幅や傾斜等によって車いすごと乗れる車いす用階段昇降機か、いす式階段昇降機のどちらが設置できるかが決まります。スロープの場合は車いすが安全に通れる傾斜でなければならないので、スペースが限られていたり高低差があり過ぎたりする場合は設置が難しいです。階段昇降機も対応角度が決まっているので、安全に昇降や乗り降りできるかを周囲の状況で判断します。車いす用の段差解消機の場合は、主に使用する方の車いすのサイズや重量等も加味して機種・品番を選びます。三つ目は介助者の有無です。主に操作される方に合わせて操作スイッチの位置や形状等を考える必要があります。

株式会社マイクロエレベータでは、肢体不自由児・者の方にも安心してお使いしていただける階段昇降機や段差解消機の取り扱いがございます。障害の程度や特性、建物の形状に合わせたご提案が可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。(丸地)

階段昇降機購入時の注意点
2017/08/21

 いす式階段昇降機の購入を検討する方のほとんどが、名前すら初めて聞く機械だと思います。その為、いす式階段昇降機を購入する際に何を基準に選定すればよいのか、どんな事に注意をして購入すればいいのか不安な事が多くあります。

 快適に長くご利用して頂く為にも、業者選びから機種選定など、十分に検討して購入する事をお勧め致します。

 設置業者選びに関しては、機械物になりますので、アフターサービスが重要となってきます。

 様々な業者が代理店販売や、輸入販売を行なっていますので、業者選定をする際は、アフターサービスの体制がしっかり整っている業者を選んでください。

 機種の選定に関しては、利用者様の身体状況にあった機種かをよく検討する必要があります。可能な限り、購入前に試乗をすることをお勧め致します。

 話を聞いた限りのイメージと実際に試乗をした印象が大きく異なる場合も御座います。また、身体状況によっては、介助がなければ利用できないなどの場合も出てきます。

 購入後に後悔をしないよう、ご家族、設置業者、ケアマネージャーさんなどとよく相談をしお選び頂ければと思います。

 マイクロエレベータでは、試乗をして頂けるよう、本社展示スペースにて、大同工業製「楽ちん号」の試乗機をおいております。お気軽にお立ち寄りください。(岩﨑)

 

 

いす式階段昇降機 設置前に試乗をおすすめする理由
2017/08/18

いす式階段昇降機の導入をご検討のお客様が、階段昇降機をお知りになるきっかけは、ホームページで、「階段 リフト」と検索してヒットしたからという理由や、ご紹介されて知った、といった方が大半を占めます。

しかし中には、施設や道端で階段昇降機が設置されているのを見て、初めて知ったという方もいらっしゃいます。

階段昇降機は、個人宅では屋内に設置されていることが多く、中々お目にかかる機会が少ない製品になります。そのため、購入したいが実際に使えるか不安なので、実際に現物を見たい、乗りたい、といったお問合せをいただくことがあります。

 階段昇降機は機械になりますので、実際に設置する前に試乗することをおすすめしています。例えば、モーター音の大きさや、椅子の大きさがジャストサイズか、座面の高さは乗り降りしやすいかといった各項目は、お客様によって感じ方はそれぞれです。

椅子の材質や形状、昇降スピードについても、体験してみて初めてわかることです。

 階段昇降機を設置してみて、想像していたものと違ったということがないように、設置前の試乗をおすすめいたします。

 マイクロエレベーターでは、本社足立区に、いす式階段昇降機のデモ機をご用意しております。こちらでは、「屋内直線機 エスコートスリム」「屋外直線機 楽ちん号KSB」「屋内曲線機 楽ちん号KFA」を試乗していただくことが可能です。

また、エスコートスリムは、実際の階段に取り付けてありますので、設置後のイメージが沸きやすいと思います。

 自宅近辺で試乗できる場所はないですか?というご質問をいただくことがありますが、個人情報の問題上、試乗先のご案内は行っていません。

個人宅や施設での試乗は、引け目を感じてしまうこともあると思いますので、昇降機業者で試乗をしたほうが、思い残すことなく、ご試乗していただけると思います。

 試乗ご希望のお客様は、下記までお気軽にお声かけください。(鈴木)

 

<株式会社マイクロエレベーター>

・住所:東京都足立区綾瀬3-25-19

・電話:03-5616-3725 (お問合せ:平日9:00~18:00迄)

・アクセス:JR常磐線・東京メトロ千代田線「綾瀬駅」東口下車 徒歩約6分

※駐車スペースをご用意しております。お車でそのままご来場ください。

※試乗は平日の9:30~18:00の間でご対応可能です。

また、担当者不在の場合がございますので、ご来場前にお電話にてご予約をお願いいたします。

福祉機器の種類
2017/08/16

バリアフリーを考えた福祉機器ですが、様々な用途の機械があります。

もちろん個人住宅で対応可能ですが、それぞれの機械によって、価格帯や仕様が大きく違います。

今回は4つの福祉機器(移動機器)を挙げさせていただきます。

①ホームエレベーター

設置をすれば、家の中が車いすでも、元気な方でも容易に行き来できるようになります。

ただし、既存の家に設置を考えると、設置に向け建物の大幅な改修工事が必要になります。

また、設置基準も厳しく、申請が通らない可能性が非常に高いです。

予算は600万円~ 建物の構造によっては1000万円を超える場合があります。

②いす式階段昇降機

既存の階段にそのまま設置が出来ます。費用も直線階段用60万円~、曲線階段用150万円~となっています。ただし、車いすご利用の方は、乗り換えが必要となります。

③車いす用階段昇降機

既存の階段にそのまま設置が出来ます。費用は直線階段用400万円~、曲線階段用650万円~となっています。車いすの方でも乗ることが出来ますが、階段が広くないと設置ができません。また、使用にあたっては介助者の存在が重要となります。

④段差解消機

真上に上がる昇降機です。車いすのまま乗り降りが可能です。費用は昇降する高によって変わりますので50万円~250万円と幅広くなっています。

車いすを想定している大きさのため、スペースは1.5㎡くらい必要となります。

また、低揚程対応の段差解消機であれば、介護保険でレンタルもできます。

 

以上のように、予算や仕様によって大きく価格が変わってきます。各機種のメリット・デメリットもあり、ご検討の際には専門の業者に相談することをお勧めいたします。(山城)

地域ごとに設けられている助成金
2017/08/10

 いす式階段昇降機は、介護保険の対象外の製品になっています。そのため、介護保険では補助が出ないものとなっています。

 しかし、地域ごとに市や区などで助成金が設けられており、条件を満たしていれば補助されるケースがあります。条件も地域ごとに異なります。高齢者の方に対する助成金ですと、年齢、要介護・要支援の階級、車いすもしくは歩行器を使用されているかなどの条件があります。身体条件だけではなく、1階での居室空間の有無などの生活空間での条件もあります。また、障害をお持ちの方に対する助成金もあります。こちらは主に年齢、上肢・下肢・体幹の障害の階級、内部障害をお持ちかどうかなどの身体条件が関わってきます。近頃、新たにバリアフリー化のための住宅リフォーム助成金が設けられるようになりました。区内在住の方で、区内の業者に発注をした工事という点を条件にしている地域が多く見られます。まだ区内でも設けている地域が少ないのですが、バリアフリー化が普及され始めていますので、お住まいの役所に確認されることをおすすめします。各助成金には地域ごとに特有の条件を設けていますので、ホームページをご確認いただくか、直接お問い合わせいただければと思います。

 中には確認申請の提出を義務としている地域もあります。馴染みがなく、必要な書類や進め方など不明な点、不安な点もあるかと思います。その際は、専門業者にご相談いただき、スムーズに申請を進めていただければと思います。マイクロエレベーターでは、まだ検討段階という案件でもご相談を承っておりますので、ぜひお問い合わせください。(古茂田)

階段昇降機の種類と使い方
2017/08/07

階段昇降機には大きく分けて2つの種類があります。1つはレールに面した椅子の上に腰かけて階段を上がるタイプの「いす式階段昇降機」、もう1つは車いすのままプラットホームに乗り囲いをして階段を上がるタイプの「車いす用階段昇降機」です。

国内製のいす式階段昇降機は、階段の壁に沿ってレールを設置し(架台固定は壁ではなく床)、壁に背を向けた状態でいす本体が昇り降りをします。直線レールで壁に背を向けたまま上階まで上がると、最終段の狭い範囲で乗り降りをするか、上階に足がつかない高さで乗り降りをしなければなりません。高齢であったりお身体が不自由だったりする方には危険な乗り降りの仕方となるため、上階を「いす回転乗り降り」か「レール乗り上げ」という方法で安全に使用できるよう設置します。「いす回転乗り降り」では、上階と足受けが同じ高さまで上がると機械が停止するので、レバーを操作していすを降りたい方向に回転させます。「レール乗り上げ」ではレールを上階と平行に曲げるのでいすの向きを変えることなく乗り降りすることができます。操作が簡単なのは「レール乗り上げ」ですが、レールは階段に合わせてオーダーメイドで加工するため、直線レールの「いす回転乗り降り」よりも価格・納期が倍以上になります。「いす回転乗り降り」は練習をすればできるようになる方がほとんどですが、操作が複雑で最初は混乱される方も多いようです。始めのうちはご家族の方が見守りながらご使用いただけますと安心です。

 また、いす式階段昇降機の昇降はボタンやレバーを「押し続け」て操作する必要があります。これは、巻き込みや接触による事故を防ぐために必要な設計であり、国内外すべてのメーカー品に共通する仕様です。いす回転については手動のものと自動のものとがありますが、手動であれば痛みや違和感があったら停止することができるので安心です。

 車いす用の階段昇降機は、一般住居の階段幅では設置できないことがほとんどで、主に駅や学校などの施設へ設置されています。車いすユーザーの方が外出先で車いす用階段昇降機を使用したい場合には、施設の職員の方にお声掛けいただく必要があります。通常は、いたずらや事故防止のため、カバーをしていたり鍵を抜いていたりしていて、誰でも自由に使用できる状態では保管されていないからです。学校や職場でしたら、事前に施設管理者と協議することでご利用者様や介助者様が鍵を携帯することも可能かもしれません。

 車いす用の階段昇降機へ車いすを乗せるときは、遮断棒(アーム)が上がった状態で渡し板が下がっていることを確認してください。乗ってからはその逆で、遮断棒(アーム)が下がった状態で渡し板が上がっていることを確認してから操作をするようにしてください。安全のために、昇降中は車いす自体のブレーキをしておくことも重要です。

 東京都足立区に本社がある株式会社マイクロエレベーターでは、現場調査・見積・試乗は無料で承っております。全国に代理店もございますので、関東以外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。お客様にぴったりの製品をご提案させていただきます。(丸地)

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

お気軽にお問い合わせ下さい!

ご利用者様の声

お客様アンケート

階段昇降機に使える助成金

階段昇降機.comの特徴

お気軽にお問い合わせ下さい!

マイクロエレベーターのサイト

階段昇降機ものがたり

介護用リフトで軽々室内移動

ページの先頭へ戻る