家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

階段昇降機の利用方法

公共の場で階段昇降機は駅などに設置されていますが、導入をお考え方は使用した上で購入することはありません。そこで、下記に階段昇降機を使用する流れをご紹介いたします。階段昇降機は基本的にレールに沿った上下稼動ですが、人の乗り降りが発生するための回転の動きが発生します。また、使用している以外の場合では、階段昇降機本体が折りたたまれている状態にできます。(階段昇降機は折りたたんだ状態で壁から25cmの製品もあります2014年7月時点。)

①鍵を刺す

階段昇降機は、車と同じように、鍵を刺した状態でないと動きません。屋外に取付けしてある階段昇降機は、イタズラ防止になりますので、ご利用後は鍵を外すことを、おすすめします。

howto001

②開く

階段昇降機は普段は居住空間等で邪魔にならないように畳んであります。使用する前には、いすと足受けを開きます。

howto002

③押す

電気で動くため稼動ボタンのスイッチをおします。(スイッチの場所は、階段昇降機本体、付帯箱など)ボタン等押せば、あらかじめ取り付けられたレールによって階段昇降機本体が稼動します。

howto003

④回る

階段昇降機は階段に向かって垂直に動くため、降りる際には一番上の段鼻で、約90度椅子が回転し、上階と向き合う形で降ります。

howto004

⑤畳む

使用が終われば介護者が人の通行の邪魔にならないように折畳みます。折りたためば、半分近く出っ張りを軽減できます。

howto005

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る