家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

踊り場の設置と曲線型の階段昇降機の関係

階段の昇り降りの途中では、足場が安定しているとは言えず、利用者を階段昇降機からおろす際に安全な介抱ができません。
なので、中間時点で階段昇降機を乗り降りできるスペースは、設計段階であれば設置することをのぞましくあります。

踊り場がない階段に曲線型の階段昇降機を設置する場合、万が一の際に介護必要者の方の避難する場所を確保できません。階段昇降機のレールの長さ、乗っている時間にもよりますが、利用者に安心して利用いただくためには、中間時点で階段昇降機を乗り降りできるスペースは、設計段階であれば設置することをのぞましくあります。

曲線型の階段昇降機を設置する場合、その中間時点当たりで踊り場の設置があれば、階段昇降機が上下運動する中で余裕を持った稼動が可能となります。階段昇降機の利用者が稼動中に気分が悪くなった場合でも、踊り場で階段昇降機を止めて、そこで介抱することができます。特にレールが長くなる場合には、階段の踊り場がある方が安全な設計といえます。

POINT

階段昇降機は上下運動の途中でボタン一つで止めることが可能です。しかし、階段の途中は、足場が安定しているとは言えず、利用者を階段昇降機からおろす際に安全な介抱ができません。そこで踊り場があれば、介護をする人と介護される人の双方が安心して、乗り降りが可能となるため、レールが長くなる場合は踊り場の設置が必要になります。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る