家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

階段昇降機を設置に最適な階段幅の考え方

階段昇降機の設置を考慮した設計

一般的な階段幅は75cmとなっています。首都圏などでは居住スペースを優先するあまり、階段幅を70cm以下で設計されている場合あります。階段昇降機は折りたたんだ状態で幅が小さいもので25cm、通常であれば40cmあります。そのため、階段幅を70cm以下で設計した場合、階段昇降機を設置人が行き来する際の障害となってしまいます。

建物全般の階段を設計する際に老後のことを考慮し、階段幅を100cm以上にしておきます。そうすれば、階段昇降機の幅を25cm~40cmを除いても、人の行き来するスペース幅が60cm~75cm以上確保することができます。階段昇降機は現時点ではなく将来の老後に起こる足腰の弱りが起こった際に、お年寄りが怪我をすることが多い、階段の安全対策を実現することができます。

POINT

住宅や施設の設計者は、設計段階で階段昇降機などの介護機器を設置することを考慮することが必要です。そうすることで、年齢とともに変化する人間の体に最適なリフォーム等を安価で居住空間を確保できます。階段昇降機を設置する可能性がある場合には、階段の幅を100cm以上にすることが設計の目安となっています。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る