家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

階段昇降機の電源仕様とその設置場所との関係

階段昇降機等の福祉機器が必要になると分かっている場合、設計段階から階段付近に電源を設けることが望ましくあります。

階段昇降機の電源は100V仕様になります。建屋の初期段階で階段昇降機を検討する場合、その設置階段の近くに電源を確保することが配線の取り回しを短くすることにつながります。後から階段昇降機を導入する際に、あらたにコンセントを増設するとなれば、電気工事分の費用が発生してしまうため、工事コストが高くなってしまいます。

階段の側面や階段近くの壁に電源コンセントがあれば、階段昇降機へ供給する電源配線が短くて済み、配線工事自体の費用が安く済みます。また、配線の見た目が綺麗なことはもちろん、階段昇降機を設置するための施工時間が短くて済みます。福祉介護施設や建屋を新規で設計する際には、階段の位置やそこ周辺の電源の位置にも注意を払うことが必要です。

POINT

建屋内の電源の場所は、新規で設置されてない場合追加の電源工事が発生します。介護福祉施設や、介護が必要とされる人がいる建屋の設計段階から階段昇降機等の福祉機器が必要になると分かっている場合、設計段階から階段付近に電源を設けることが望ましくあります。設計段階の工夫一つで使い勝手を改善させることにつながります。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る