家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

階段昇降機の導入段階からの収納スペースの確保

階段昇降機は単に人を搬送するために設置するだけでなく、取り付けた後に、そこに生活をする人々の利便性を考えた設計・設置を考慮しなければなりません。

一般的な住宅の場合、階段を降りると廊下になっているケースが多くあります。通常通り階段昇降機のレールを真っ直ぐに降ろすと廊下にはみ出してしまい、人の通行の妨げとなります。廊下の幅が80㎝の場合、階段昇降機のレールの出幅は約50㎝となる為、廊下の幅から階段昇降機のレールの出幅を計算すると、通行スペースが残りの30㎝となってしまいます。

階段幅が80cmしかないような今回の設置現場のケースでは、階段横にあるクローゼットを利用した階段昇降機の設置を選択できます。クローゼットの扉を撤去し、クローゼット内に階段昇降機の収納場所としました。そうすることで、廊下への階段昇降機のレールのはみ出しを最小限に抑える事ができ、階段昇降機を設置した状態でも人の通行スペースを確保することができました。

POINT

一般的な住宅の階段の幅は約80cmとなっています。そこへ階段昇降機の昇降運動を支えるレールを取り付け、階段昇降機本体が加わると、人の通るスペースが非常に狭くなってしまいます。階段昇降機は単に人を搬送するために設置するだけでなく、取り付けた後に、そこに生活をする人々の利便性を考えた設計・設置を考慮しなければなりません。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

お気軽にお問い合わせ下さい!

ご利用者様の声

お客様アンケート

階段昇降機に使える助成金

階段昇降機.comの特徴

お気軽にお問い合わせ下さい!

マイクロエレベーターのサイト

階段昇降機ものがたり

介護用リフトで軽々室内移動

ページの先頭へ戻る