日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい
  • HOME
  • 建物の用途別
  • クリニックに「階段昇降機」を設置した時の事例 ※写真はイメージです。

クリニックに「階段昇降機」を設置した時の事例 ※写真はイメージです。

診療スペースが2階にあり、患者様が来院されるときに階段の上り下りでご不便をかけてしまっているので、昇降機を設置したいとのケースが増えています。

屋内曲線機の楽ちん号KFAは、レールが壁から17㎝、折り畳んだ時の出幅は38㎝という特徴があります。バッテリー方式で、終着地に昇降機を停止させることでバッテリーの充電が行われます。

導入のポイント

①様々な身体状況の方がいらっしゃるため、なるべく多くの皆様が使いやすい設置を心掛けることが重要です。
→車いすの方、麻痺がある方、小さいお子さん等、様々な方が来院されます。
  車いすからの移乗がしやすいか、座面は低いか、介助者の方が操作できるか、等に注意する必要があります。

②来院される患者様が、安全に上り下りできるスペースはあるか
→昇降機は使わずに、手すりを利用し階段を上ってくる患者様もいらっしゃいます。
  手すり側に設置しない(移設も考える)、階段の上り下りがしやすい方(踏み面が多い方)には設置しない等の配慮も
 必要になります。

③安全に管理できるか
→昇降機の保管スペースを設け、普段は邪魔にならないように設置することも必要です。
  また、昇降機はどの機種も共通して、鍵を指していないときは動きません。
 利用しないときは、受付等で管理してください。

この製品に関するお問い合わせ

導入する建物別一覧

まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~18:00

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集