家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

建物の用途別の階段昇降機活用

建物の用途によって階段の形状は異なっています。各用途で階段昇降機がどのように
設置されるのかをご紹介します。

集合住宅に「階段昇降機」を設置した時の事例  ※写真はイメージです。

エレベーターのないアパート・マンション様からのお問い合わせが増えています。
住居者の方が高齢になり、階段の上り下りが難しくなったとの理由が大半を占めています。

導入のポイント

①各階問題なく乗り降りできるか
→昇降機の設計上、途中の階で乗り降りができない場合があります。事前に乗り降りができるかの確認が必要です。

②昇降機を利用しない方も、安全に上り下りするスペースが確保されているか
→階段には常にレールが設置してある状態になります。通行の妨げにならないか等にも注意する必要があります。

③皆さんが利用できるように、昇降機を管理できるか
→昇降機はどの機種も共通して、鍵を指していないときは動きません。
全居住者に鍵を配布するのはもちろん、昇降機を設置する前に利用できるかの確認を皆さんにとる必要があります。

その他の事例はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る