日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい
  • HOME
  • 建物の用途別
  • 公立中学校に「階段昇降機」を設置した時の事例 ※写真はイメージです。

公立中学校に「階段昇降機」を設置した時の事例 ※写真はイメージです。

近年、身体の不自由な生徒様のために階段昇降機を設置するケースが増えています。

屋内曲線機の楽ちん号KFAは、レールが壁から17㎝、折り畳んだ時の出幅は38㎝という特徴があります。バッテリー方式で、終着地に昇降機を停止させることでバッテリーの充電が行われます。

導入のポイント

①各階問題なく乗り降りできるか
 →昇降機の設計上、途中の階で乗り降りができない場合もあります。事前に乗り降りができるかの確認が必要です。

②昇降機を利用しない生徒様が安全に上り下りができるか
 →階段には常にレールが設置してある状態になります。通行の妨げにならない等の点も注意する必要があります。

③いたずらされないように昇降機を管理できるか
 →大勢の生徒様が集まるため、不測の事態を考える事も必要です。
  (昇降機の保管スペースを設ける、注意喚起のカバーをかける等) 

この製品に関するお問い合わせ

導入する建物別一覧

まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~18:00

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集