日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

いす式階段昇降機に必要な電源

設置方法

 いす式階段昇降機は、家庭用の電源が必要になります。
 直線機の場合、常にコンセントに差しっぱなしでご利用していただくようになります。
 電化製品をイメージしていただくと分かりやすいかと思いますが、コンセントを差している時は使うことができ、コンセントを抜いてしまうと、電気が通らないため動かなくなってしまいます。
 曲線機の場合は、バッテリーで動きます。
 バッテリーも充電が必要なため、コンセントに差しっぱなしにする必要があります。

 直線機、曲線機共に、コンセントはAC100Vのコンセントが一口あればご利用可能です。
 電源の位置は、下階でも上階でも問題ありませんが、階段に近い位置に電源がないと新設していただく必要があります。
 多少遠い所であれば、モールを這わせて持っていくことも可能です。

 電化製品に比べると機械が大きいので、消費する電力や電気代がかかるように思われることが多いのですが、そのようなことはありません。
 一般的に電子レンジは1300W、洗濯機でも500Wと言われています。
 しかし、いす式階段昇降機は200Wで電化製品に比べても消費電力が小さいものになります。
 それに伴い、電気代も非常に低価格で、1日に10往復しても月に100円程度です。
 機械そのものは大きいのですが、電気代は非常にリーズナブルな製品です。

 いす式階段昇降機を設置したいけれど、現状の階段に電源がない、使用しているから新設したい、等のご相談も承っておりますので、その際はお気軽にご連絡ください。
(担当:古茂田)

階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

階段昇降機を選ぶポイントを5つにまとめたガイドブックです。これらを見ればどういう視点で階段昇降機を選べばいいかわかります。また補助金の活用やメンテナンスについても書いていますので、参考にしてみてください。住宅に階段昇降機の設置を検討している方にオススメな資料です。

資料請求(無料)
階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

その他の記事

いす式階段昇降機の「購入」と「レンタル」どちらがお得か
レンタル

いす式階段昇降機の「購入」と「レンタル」どちらがお得か

ご存じない方も多いと思いますが、階段昇降機は「介護保険対象外」の製品のため、 介護保険制度を利用し、レンタルすることができません。 そのため、階段昇降機を取り扱う業者の中には、独自に制度を設け、レ……

詳細を見る
助成金

介護保険法の改正と階段昇降機

2018年8月より、介護保険の自己負担額が一部のサービス利用者において2割から3割に引き上げられます。 これは、2017年5月に成立した改正介護保険法によるものです。 介護保険改正により、介護サー……

詳細を見る
いす式階段昇降機の選び方

取り扱っている家庭用昇降機

 マイクロエレベーターでは家庭用昇降機を取り扱っており、いす式階段昇降機や車いす用階段昇降機、段差解消機が主な商品です。  いす式階段昇降機は、階段に沿って設置する昇降機のことで、名称の通りいす……

詳細を見る
まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~17:45

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集
車椅子用階段昇降機特集