日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

福祉機器の種類

価格

バリアフリーを考えた福祉機器ですが、様々な用途の機械があります。

もちろん個人住宅で対応可能ですが、それぞれの機械によって、価格帯や仕様が大きく違います。

今回は4つの福祉機器(移動機器)を挙げさせていただきます。

①ホームエレベーター

設置をすれば、家の中が車いすでも、元気な方でも容易に行き来できるようになります。

ただし、既存の家に設置を考えると、設置に向け建物の大幅な改修工事が必要になります。

また、設置基準も厳しく、申請が通らない可能性が非常に高いです。

予算は600万円~ 建物の構造によっては1000万円を超える場合があります。

②いす式階段昇降機

既存の階段にそのまま設置が出来ます。費用も直線階段用60万円~、曲線階段用150万円~となっています。ただし、車いすご利用の方は、乗り換えが必要となります。

③車いす用階段昇降機

既存の階段にそのまま設置が出来ます。費用は直線階段用400万円~、曲線階段用650万円~となっています。車いすの方でも乗ることが出来ますが、階段が広くないと設置ができません。また、使用にあたっては介助者の存在が重要となります。

④段差解消機

真上に上がる昇降機です。車いすのまま乗り降りが可能です。費用は昇降する高によって変わりますので50万円~250万円と幅広くなっています。

車いすを想定している大きさのため、スペースは1.5㎡くらい必要となります。

また、低揚程対応の段差解消機であれば、介護保険でレンタルもできます。

 

以上のように、予算や仕様によって大きく価格が変わってきます。各機種のメリット・デメリットもあり、ご検討の際には専門の業者に相談することをお勧めいたします。(山城)

階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

階段昇降機を選ぶポイントを5つにまとめたガイドブックです。これらを見ればどういう視点で階段昇降機を選べばいいかわかります。また補助金の活用やメンテナンスについても書いていますので、参考にしてみてください。住宅に階段昇降機の設置を検討している方にオススメな資料です。

資料請求(無料)
階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

その他の記事

いす式階段昇降機の国内製品のメリット・デメリット
いす式階段昇降機の選び方

いす式階段昇降機の国内製品のメリット・デメリット

 マイクロエレベーターでは、いす式階段昇降機は国内製品と国外製品の商品を扱っておりますが、実績台数では国内製品が半数以上を占めています。国内製品には、メリット・デメリットがあり、現場の階段やご利用者様……

詳細を見る
いす式階段昇降機「階段形状」や「屋内・屋外 設置」による価格の違い
価格

いす式階段昇降機「階段形状」や「屋内・屋外 設置」による価格の違い

いす式階段昇降機は、階段の形状や長さによって価格が異なるため、定価がない製品です。 「階段昇降機の価格はいくらぐらいするのですか?」というお問合せを頂くことが多いのですが、目安の金額のみのお伝えしか……

詳細を見る
介護のためのいす式階段昇降機
いす式階段昇降機の選び方

介護のためのいす式階段昇降機

いす式階段昇降機は、ご高齢の方や障害をお持ちの方の生活をサポートするための福祉機器です。いす型のリフトで、既存の階段に合わせて作製するため、現状の階段で設置が出来ます。操作も簡単で、手元についているボ……

詳細を見る
まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~17:45

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集
車椅子用階段昇降機特集