日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

椅子式階段昇降機の確認申請について

確認申請

椅子式階段昇降機を設置するには、確認申請が必要となります。

そもそも確認申請とは何かわからないことが多いと思います。

まず、椅子式階段昇降機は「エレベーター」や「エスカレーター」と同じく、建築物に設置する建築設備の扱いとなります。建築物に昇降機を設ける場合は、法第6条の規定に基づき、建築確認申請に昇降機に関する確認申請図書を含めて申請の手続きを行わなければなりません。また、手続きは一級建築士が行う必要があります。

また必要な書類も多く、椅子式階段昇降機の設置図面、設計書、型式適合認定書、保守要領書などがあります。

こちらは設置する業者から資料を出してもらう必要があります。

また昇降機以外にも建物の建築図面や検査済証なども必要となります。建物の構造や、建物内での昇降機設置場所などを示すためです。

ただし階段の幅が狭い、建物が違法の場合など、設置出来ない場合もございますので、注意が必要です。

申請が問題ないと判断されて、初めて昇降機の製作に移ることができます。

以上のことから、確認申請は専門性が高いため、業者に相談して進めいく必要がございます。

階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

階段昇降機を選ぶポイントを5つにまとめたガイドブックです。これらを見ればどういう視点で階段昇降機を選べばいいかわかります。また補助金の活用やメンテナンスについても書いていますので、参考にしてみてください。住宅に階段昇降機の設置を検討している方にオススメな資料です。

資料請求(無料)
階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

その他の記事

いす式階段昇降機の選び方

ご利用者様の症状に合わせた昇降機の選定

 いす式階段昇降機を必要とされているご利用者様の中には、身体にお困りの症状をお持ちの方が多くいらっしゃいます。それぞれの症状に合わせていす式階段昇降機の選定や、設置方法をご提案致します。  麻痺をお……

詳細を見る
いす式階段昇降機の選び方

階段昇降機のメーカー選びのポイント

 階段昇降機の設置の際にはご使用者様のお身体の状態、介助者様の有無、階段の幅や形状、設置・利用する機種の性能、業者の対応など考慮する点はたくさんあります。  その中でも、製造元のメーカー重視で階段昇……

詳細を見る
確認申請

バリアフリー法での昇降機の扱い

 平成18年12月20日、ハートビル法と交通バリアフリー法を統合・拡充した「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(通称「バリアフリー法」)が施行されました。  バリアフリー法は、高齢……

詳細を見る
まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~18:00

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集