家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

階段昇降機とは?

階段の昇り降りを助けるリフォーム用福祉機器

「階段昇降機」は暮らしを快適にする機器のひとつです。しかし、必要としない方にとっては馴染みのない機器でもあります。「階段の昇り降りが難しくなった」と必要に迫られてから購入を検討するお客様がほとんどですが、将来を見据えて早めに導入していただくことで、体への負担が軽減したり安心感を得られたりとメリットが多いのです。
階段昇降機は、「リフォーム用福祉機器」として主に「いす式階段昇降機」と「車椅子用階段昇降機」があります。どちらも、ご利用者が安心・安全に階段の昇り降りが出来るようにサポートする機械として多くの住宅や駅などの公共施設、オフィスビル、寺院などの階段に設置されています。

階段昇降機の種類

いす式階段昇降機とは

micro03

いす式階段昇降機とは、階段の昇り降りが困難な方が椅子に座ったままでも階段を昇り降りできるリフォーム用 福祉機器です。基本的にはどんな階段にも取付けが可能であり、階段自体への補強工事も不要です。階段への設置方法は、昇降機が走行するためにガイドレールを設置します。そして、そのガイドレールに沿って駆動する椅子が設置されています。
いす式階段昇降機は、簡単な操作設定にしているので誰でも簡単に操作方法を覚えられます。操作方法が簡単だからこそ、すぐに1人でも乗り降りすることが出来るようになります。また、身体状況によって介助が必要な場合は、様々なオプション機能を設置することにより、利用者にとって最適な昇降機にすることが出来ます。

車椅子用階段昇降機とは

micro04

車椅子用階段昇降機とは、手押し代車のようなリフォーム用福祉機器です。キャタピラなどの走行装置をフレームの下部に設置し可搬式で動きます。後方からオペレーターが操作することにより階段の昇り降りができるようになります。別名で介助型階段昇降機とも呼ばれております。
主に駅や公共施設等でエレベーターが設置されていない場所で使用されています。また、「リフトアップ式」と呼ばれる背負子のような形のフレームに車椅子を設置し、フレーム下部から突出するタイヤやバーにより昇り降りをするタイプもございます。「リフトアップ式」は「レールタイプ」より費用が安価ですが、操作方法が難しく、転落や横転事故の発生に繋がる恐れもあります。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

お気軽にお問い合わせ下さい!

ご利用者様の声

お客様アンケート

階段昇降機に使える助成金

階段昇降機.comの特徴

お気軽にお問い合わせ下さい!

マイクロエレベーターのサイト

階段昇降機ものがたり

介護用リフトで軽々室内移動

ページの先頭へ戻る