日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

車いすごと段差を昇降することができる「段差解消機」

車いす用

個人住宅、施設問わず、車に乗ったまま段差を昇降することができる「段差解消機」のお問合せが増加しています。

このコラムでは「段差解消機」の運用面と、「段差解消機」の設置方法についてご案内いたします。


<運用面について>

段差解消機は安全のために、製品自体に落ち込み防止の「遮断棒」が標準装備されています。

この「遮断棒」は「手動」であるため、必ず介助者の方の介添えが必要です。なぜ介添えが必要かというと、ご本人様が段差解消機のカゴ内に入った場合、「遮断棒」が背中側にくるため、ご自分で遮断棒の開閉操作をすることができないためです。

また、複数人で段差解消機をご使用される「施設」や「マンション」の場合は、第三者の方が段差解消機の運用を管理する必要があります。

<設置方法について>

段差解消機を設置するためには、横幅が約1.3m、縦幅が約1.8mスペース必要となります。(※機種により異なります)

段差解消機は、コンクリートの基礎土台があれば、基本的に据え置きで設置できるので、スペースがある場合は比較的容易に取り付けすることができます。スペースがない場合は、現場改修を行い、取り付けできる場所を確保する必要があります。

固定方法ですが、床面にアンカーを打ち込み、段差解消機が動かないよう固定する必要があります。

また、床面に勾配がある場合は、段差解消機を水平に置くことができないため、勾配も考慮する必要があります。


また、段差解消機「タスカルりふと」については、昇降ストローク2.4m対応できる仕様の場合、製品の横揺れを防止するため、側壁にもアンカー固定をする必要があります。その他、段差解消機の周辺には、側壁・上下階扉などの建築工事も必要となります。

個人住宅・施設、どちらも対応できる「タスカルりふと」に関して、設置可能かどうかお悩みの際は、是非マイクロエレベーターまでお声かけください。

階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

階段昇降機を選ぶポイントを5つにまとめたガイドブックです。これらを見ればどういう視点で階段昇降機を選べばいいかわかります。また補助金の活用やメンテナンスについても書いていますので、参考にしてみてください。住宅に階段昇降機の設置を検討している方にオススメな資料です。

資料請求(無料)
階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

その他の記事

設置に注意すること

ストリップ(スケルトン)階段へのいす式階段昇降機設置について

開放的なデザインで光を取り込みやすいことで昨今人気のストリップ階段(別称:スケルトン階段、オープン階段、シースルー階段)ですが、いす式階段昇降機の設置には注意が必要です。 今回のコラムでは、スト……

詳細を見る
設置方法

屋外の階段にタスカルアルーラ(屋外)を設置

屋外の階段にシンテックス製のいす式階段昇降機『タスカルアルーラ(屋外仕様)』を設置しました。 階段の形状自体は曲がりや踊場のない真っ直ぐな階段でしたが、レールを上階に乗り上げることのできる曲線タ……

詳細を見る
設置方法

手摺がついている側にエスコートスリムを設置

個人住宅の玄関から2階へ続く真っ直ぐな階段に、屋内直線階段用のいす式階段昇降機『エスコートスリム(大同工業製)』を設置しました。 階段昇降機は左右どちら側でも設置が可能な製品ですが、今回は手摺の……

詳細を見る
まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~17:45

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集
車椅子用階段昇降機特集