日本最大級のいす式階段昇降機専門サイト 家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機を設置するために、壁の補強は必要か

設置に注意すること

階段昇降機を設置するために、壁の補強工事は必要ですか?というお問合せを多数いただきます。結論から申しますと、階段昇降機の設置のために、壁の補強工事は必要ありません。
なぜなら、階段昇降機の固定方法は、「壁固定」ではなく「床固定」であるためです。
階段には側壁がない場合も多いため、いす式の階段昇降機の固定は、把握している限りでは、全メーカーが「床固定タイプ」となっています。
レールを支える支柱が階段に取り付けられ、階段昇降機の設置が完了します。
1~2階の直線階段に、直線仕様の階段昇降機を設置する場合、階段の踏み面に、約6箇所架台を取り付けします。曲線階段に階段昇降機を設置する場合は、2段に一つの間隔で、踏み面に課題を固定します。
床面にも、特別な補強工事は必要ありません。
木階段の場合、木の厚みが30mm以上あれば設置には問題ない範囲となります。しかし、40mmの木ビスで固定するため、薄い板厚だと、ビスが貫通してしまう可能性があります。
屋内階段の場合、階段の下に収納庫やトイレが設けられていることが多いので、ビスの貫通が気になる場合、階段の床面を厚くするか、天井に壁の仕上げをするなどの補強が必要になる場合があります。新築の際はそのような配慮もできますが、既存の住宅の場合は、工事業者が対応を考えることになります。
コンクリートの床面の場合は、穴を開けてみて、強度があまりないと発覚することがあります。その場合は、建築用のボンドを使用し、昇降機側の工事で補強を行うことが可能です。
鉄板階段の場合も、薄い鉄板のみで強度が心配とお声をいただくことがあります。
階段昇降機の設置のために補強が必要かどうかは、専門業者であれば判断が可能です。
階段の強度、補強工事でお悩みの際は、一度昇降機業者にお問合せください。(鈴木)

階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

階段昇降機を選ぶポイントを5つにまとめたガイドブックです。これらを見ればどういう視点で階段昇降機を選べばいいかわかります。また補助金の活用やメンテナンスについても書いていますので、参考にしてみてください。住宅に階段昇降機の設置を検討している方にオススメな資料です。

資料請求(無料)
階段昇降機についての資料を無料プレゼント!

その他の記事

設置に注意すること

階段の種類に合わせた昇降機の選び方

 階段の材質や形状は一軒一軒異なります。  そのため、階段昇降機の設置には現場での計測が必要です。  建物の図面から階段昇降機の設計図面を作成することも可能ですが、設置前には必ず現場での計測を行い……

詳細を見る
価格

いす式階段昇降機の価格について

 いす式階段昇降機はご家庭ごとに、価格が異なります。  なぜ、ご家庭ごとに価格が変わるかというと、住居ごとに、階段の形状が異なるためです。階段は見た目が同じように見えても、階段の段数、角度、曲がり角……

詳細を見る
車いす用

車椅子用階段昇降機でバリアフリー化

 車椅子用階段昇降機とは、車椅子に乗ったまま、階段を昇り降りすることができる福祉機器です。車椅子のまま階段を昇り降りできる為、介助者・利用者共に危険なく利用する事ができます。  駅構内の階段や、エレ……

詳細を見る
まずはお気軽にお問い合わせください。
お見積もりや資料請求など、階段昇降機に関するあらゆることに、すぐにお応えいたします。
電話受付時間 平日 9:00~18:00

階段昇降機についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

導入事例
いす式階段昇降機設置の楽ちん号特集
いす式階段昇降機設置の助成金特集
いす式階段昇降機設置のメンテナンス特集
介護用リフト特集
車椅子用階段昇降機特集