家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

床下暖房器具と階段昇降機の関係

階段昇降機を固定するレールは、壁の側面ではなく床へ支柱を打つことで実現します。そのため、床下暖房がある場合、そこに干渉しないように設置する必要があります。

階段昇降機の稼動をコントロールするガイドレールの固定は、壁ではなく床面になります。(たびたび、階段昇降機は壁に固定するのではとご質問をいただきますが)床面にガイドレールを固定するためのアンカービスが食い込むため、床下暖房が入っているところでは床下暖房を傷つける危険性があるため、階段昇降機の設置をすることができなくなります。

床下暖房がある福祉介護施設、住宅では階段昇降機のガイドレールの下部が干渉する危険性があります。(階段ではなく、階段下の床にガイドレールを固定するため)階段昇降機を設置することが検討される場合には、階段下の半径90cm程度の範囲には床下暖房を設置しないことで、ガイドレールの干渉を防ぐことができます。そうすることで、双方を両立することが可能となります。

POINT

階段昇降機を固定するレールは、壁の側面ではなく床へ支柱を打つことで実現します。(壁に固定すると勘違いされることがしばしばあります)そのため、床下暖房がある場合、そこに干渉しないように設置する必要があります。設計段階において、床下暖房と階段昇降機を両立させるためには、階段下のスペースを考慮する必要があります。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る