家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

階段昇降機の基礎知識

階段昇降機の基礎となる考え方をまとめています。

階段昇降機の安定設置を実現する階段構造

福祉介護施設や住宅の階段の構造は、階段昇降機を取付ける上で強度が必要です。
階段昇降機を安全に長く使用するためのポイントとして階段の強度を確かめる必要があります。

普段生活している中では階段の構造を気にすることはありませんが、階段昇降機を設置する中で階段内部の構造は非常に重要です。階段の中が空洞型の場合、階段昇降機のレールを固定するアンカーが十分に固定されない場合があります。階段昇降機+利用者の体重+レールの負荷を支えることができる強度がなければ、階段自体に補強をする必要が発生します。

レールを固定する支柱を打つ位置の調整は多少出来るものの、それでも階段下の強度が階段昇降機を取付ける上ではとても重要になります。階段昇降機を設置するための強度が不足する事態にならないような設計をすることは、福祉介護の観点から必要な要素です。階段昇降機を安全に長く使用するためのポイントとして階段の強度を確かめる必要があります。

POINT

福祉介護施設や住宅の階段の構造は、階段昇降機を取付ける上で強度が必要です。人が昇り降りに使用するだけでは問題にならない場合でも、階段昇降機を安定して取付ける場合、足場の安定していることで製品をしっかりと固定することができます。アンカーボルトで固定する福祉介護機器である階段昇降機の取付けには重要な要素となっています。

その他の技術はこちらから

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る