家庭用の昇降機のことなら階段昇降機.comにお任せ下さい

体の状態別いす式階段昇降機の紹介

ご利用者様の体の状態に合わせていす式階段昇降機は設置すること
が好ましいです。以下体の状態別に設置事例をまとめております。

半身麻痺のご利用者様向けの導入ポイント

階段昇降機は、ご利用者様の体に合ったものを設置することが最も好ましいです。ここでは半身麻痺のご利用者様向けの導入のポイントをまとめています。

イメージ

1.自由が利く方向を考える

半身麻痺は右半身麻痺か左半身麻痺かどちらかの状態かが考えられます。右半身麻痺の状態で階段の右側面に設置してしまうと乗り降りが不便になります。ゆえに自由が利く方向はどちらなのかを検討する必要があります。

1.自由が利く方向を考える

2.介助が必要かどうかを考える

2.介助が必要かどうかを考える

他人の力が必要かどうかも意思決定には重要な視点です。もし介助が必要な場合は、ご利用者様と共に介助をされる方が楽にできるように場所の設計まで考える必要があります。必要に応じて階段周りのリフォームを検討していかなくてはなりません。

3.始動時のボタンを考慮する

始動ボタンの位置にも気をつけなればなりません。右半身が麻痺している状態で右にボタンがある場合は、使用が困難になるため左側に設置するか、力のいらないレバー式のボタンに変える必要があります。

3.始動時のボタンを考慮する

建物の用途別一覧はこちら

製品別一覧はこちら

<p class="mb10"><a href="/contact/"><img src="http://kaidan-syoukouki.com/cms/wp-content/uploads/contactbnr01.png" alt="お問い合わせはこちら!" width="659" height="116" class="opacity" /></a></p>

ページの先頭へ戻る